パピチャ 未来へのランウェイ

パピチャ 未来へのランウェイ

すっごい鳥肌が立った、やり場のない感情と
この映画を制作したエネルギーに涙

彼女たちの小さな世界 を通して、
当時の様々な闘いを伝えてくれる
映像の美しさと、音のギャップに、心が震える

90年代のアルジェリア
ファッションデザイナーを夢見る大学生
イスラーム主義武装勢力により、
「ヒジャブ」着用を強要される女性たち

そんな現実に抗い自由と未来をつかみ取るため、
命がけでファッションショーの開催を決意する

内戦から逃れるため、10代の頃家族と共に
アルジェリアからフランスに渡った監督
実際の体験を主人公に落とし込む

90年代アルジェリアでは、
女性が海に行くことは禁止されていたそう
そんな中で、自由に歌う力強さを感じた
イラストはお気に入りのこのシーン

「PAPICHA」とはアルジェリアのスラングで
“愉快で魅力的で、常識にとらわれない自由な女性“ という意味

衝撃的なシーンもあり、かなり重い、苦しくなる
本国アルジェリアで上映中止された理由がわかる気がする
けれど、それでも諦めずに前へ進む彼女たちに勇気をもらう

自分と同じファッションを学ぶ大学生という
立場からも、その原動力に共感してしまった

心の内を叫べずにいた、全ての人に捧げたい作品

@uni__cinema 試写会で
鑑賞させていただきました!

映画
スポンサーリンク
yucharo.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました