ノマドランド

ノマドランド

終始見ていて、他人事じゃない気がしていた。

決まった住居や職を持たず、旅をしながら、
様々な出来事に遭遇していくファーンを見て、
なぜか心救われた気分になった。

将来どう生きていくか不安になっていた中で、
一つの生き方の提案のようにも感じられた。

自然と一体化した生活。
決して楽でもないし、完璧な自由でもない。
けれど、起こることすべてを全身で感じる。
もし私がここの1人だったら…と、
まるで映像の中と自分が一体化してる気がした。

ロードムービーならではの映像、
自然の中での一本道、出会う人々が印象的。
また、走馬灯のように美しい景色。
冬の寒色、夏の暖色、その間にある、
グラデーションかかった夕暮れ時から
空気や風が伝わって来た。

演じている主人公がいるけれど、
エンドロールの名前は、本人達。
実際のノマドの人々と密着して過ごす中で、
フランシス自身に、感情の変化があったような気がした。
彼らが語るからこそ、劇中の言葉はより沁みる。

“さらよなら“ではなく”またね“
“家は場所でなく、心の中にある“

ドキュメンタリーのようにも思える作品。
何よりこれを実現できたことが本当に凄い。

価値観や心境の変化によって、
作品の受け取り方が変わりそう。
また自分が成長した頃に見たいな。

映画という枠を超えた気がしてとっても不思議だった。

映画
スポンサーリンク
yucharo.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました