SNS -少女たちの10日間-

SNS -少女たちの10日間-

現在上映中のチェコのドキュメンタリー。

3つの子供部屋で幼い顔立ちの約18歳の役者たちが、
10日間、12歳になりきりSNSを使って友達募集をする。
すると、児童への性被害が段々と暴かれていく…。

現在SNSで性被害を受けている人の現状を、
体を張ってドキュメンタリーに収めたプロジェクト。

“次は何が起こるんだろう“というドキドキを監督や
カメラマン役者と同じ感覚で味わい苦しくなる。

12歳を演じる役者のリアルな拒絶反応。
もし12歳の自分が、あの状況になったら、
かなり動揺してトラウマになってしまうと思う。
途中のとあるシーンで思わず泣いてしまった。

オーディションから始まり、セットの立て込み、
役作り、男性と会話をしていく…そしてラストまで。

全ての工程を知ることのでき、
表と裏の世界の2つを垣間見てる感覚。
普通の映画ではできない撮り方していて魅力的だった。

音響効果や編集の仕方もこだわっていて
作品としても最後まで盛りだくさん。

これは、もはやチェコだけの問題ではない。
全国の女性が少女が少年が被害にあっている。
今後どう未然に防いでいくのか、関わっていくのか。
SNSの利点と汚点が浮き彫りになっている作品だった。

映画
スポンサーリンク
yucharo.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました