ニューシネマパラダイス

ニューシネマパラダイス

こんなにも映画愛を感じられた作品は他にない…。
社会を経験して、大人に近づいた今、
作品に出てくる言葉たちがより心にしみる。

大人になるにつれ、どんどん心境が変化して
その時に合わせて刺さる言葉も違ってくると思う。
一回目見た時より、さらに好きになっている。
どの場面でも“今“を生きる想いがすごく強く残されていて。

子供の頃は、映写室を愛していたトトの気持ちが。
人を愛せば、大人になった時のトトに共感。
いまを見失いそうな時は、アルフレードの台詞を。

全てのシーンから全ての愛が重なり合って、
こんなに号泣したの久しぶりってくらい涙。

最後の最後まで、何一つ逃さずに
全ての愛を伝えてくれる映画だと思います。

一生懸命なトト。年の離れた親友アルフレード。
人生で1人でもこんな友情を持つことができたのなら、
もう他に友達なんていらないってくらい最高の2人。

ローマ、シチリアの村の景色や雰囲気も
この作品の良さを更に引き立てている。
こんな素敵な場所に住んでいたら、
気持ちも音楽も、全て豊かになりそう。
川から見える野外シネマも体験してみたいな〜。

最後に大好きなこの言葉を残して終わります。

“何をするにしても自分のする事を愛せ。
子供の頃、映写室を愛したように“

映画
スポンサーリンク
yucharo.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました