君は愛にふさわしい

君は愛にふさわしい

uni試写会で鑑賞しました
スターチャンネルにて独占日本初公開!

監督自身が主演、脚本、製作を務める本作

美化されることなく、日常、
ありのままの恋愛が描かれていた

主人公の始まりを感じられる、
“フランス映画“らしい終わり方

誰もが想い通りにはならないし
ハッピーエンドすぎない
フリーダカーロの詩が深みを増す

主人公は
「自分を本気で想ってくれる誰か」ではなく、
「自分を大切にしてくれていた誰か」
を求めていた気がする

自分はここまでの大恋愛をしてこなかったので
共感できない部分もあったけれど、
この感情に当てはまる人もたくさんいると思った

このもどかしさやジレンマ

映画
スポンサーリンク
yucharo.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました