千と千尋の神隠し

千と千尋の神隠し

誰にでも起こりうるかもしれない
出来事を、予感するはじまり
もしかしたら存在するかもと自分にあてはめてしまう
千尋のドジだけど、一生懸命な様子
お父さん、お母さん想いで友達も大切にする
そんな千尋の姿をみるとつい応援してしまう

世界の片隅にある秘密に迷い込んだ1人の少女

油屋から見える空や海は昼と夜で顔色を変えてしまう
この場所が不思議であるという自然な暗示

少し離れると花や木々が豊かになる
この世界の二面性を知る

電車の片道切符、過去には戻れない一方通行の時間

ここで見る景色はどこか幻想的で
夢の中に入りこんだ感覚になる

幼い頃の記憶を辿るように進んでいく物語
千尋がここへ導かれたのは必然的な
意味を持っていることが明らかになる

ラストのシーンで光輝く髪留めは
本当に実在するのか夢だったのかもわからない
不確かな出来事に対して自分だけの記憶と
現実世界を結ぶ唯一の証拠

リクエストが多かったので描いてみました
小学生の時からジブリっ子で何回も繰り返し
みていた作品の数々、劇場で見れるのは本当に
嬉しくて涙が出てきた全部やってほしいくらい

世界から愛される日本のアニメーション
これから先ずっと語り継がれてほしい

映画
スポンサーリンク
yucharo.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました