ミッドナイトインパリ

ミッドナイトインパリ

ウディアレン監督 最高の世界観
これを見てさらにフランスに行きたくなった

今の生活に慣れてしまっているからこそ
他の時代がよく見えたりもする
その気持ちすごく共感できるし
アナログなモノや音楽スタイルに惹かれるのもすごくわかる
この時代のパリなんて生きてるだけで素敵に見える

でもきっとどんな時代にも不満はあって
完璧に見えてしまっているだけ

自分が生きている今をどれだけ大切にしているか
どれだけ今を理解して過ごしているか
考えてみると、自分はきっと今の時代の半分も
知らないし答えられないと思う

時代を考えることは今を楽しむことにもつながるかもしれない

主人公は2段回のタイムスリップを通して
やっと自分が生きている今が最高だということに気づく

監督がこの脚本を描いているときにすごく
ドキドキしながら描いてたんだろうなって
思うとさらに楽しめる映画

雨の夜にパリを一緒に歩いてくれる人いないかなあ

最初と最後が気持ちよく繋がって
ついリピートしてしまう映画

真夜中のパリに迷い込んだときの
オーウェンウィルソンの表情は格別
他キャストも実在の人物に結構似ててビックリ

映画
スポンサーリンク
yucharo.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました